WELLSTONE

採用特設ページ

to top
Message

代表取締役(ウエルストーン 創業者)

石井 宏則

Hironori Ishii

あなたがやってみたいこと、
思う存分、やっちゃってください。

ウエルストーンという社名は、Well(井戸)とStone(石)を組み合わせた造語。見ての通り、私の苗字を逆さにしただけです(笑)。これくらい飾りすぎず、フランクな感じが、当社らしさ。常識にとらわれず、時には逆さまから見てみよう、という意思も込められています。ウエルストーンには30年ほどの歴史がありますが、いまでも「こうあるべきだ」といった厳格なルールはありません。だって私が決めたことに従うだけなんて、つまらないでしょう。いま我々の主軸となっているサービスも、元はエンジニアたちが「こういうことをやってみたい」と自分で考え、行動を起こし、カタチにしてきたものばかり。企業理念ですら、社員自らが提案をしてきてくれて、「いいね。それでいこうか」と採用してしまったくらいですから。創業者としての私の想いは、ただひとつ。これからも、エンジニアたちがやりたいと思ったことを、自由に叶えていける環境づくりをしていきたい。ITの技術は、どんなジャンルとも結びつきやすいのが良いところ。当社から、世の中に新しいソリューションがたくさん生まれていくことを、期待しています。

取締役社長

北原 守

Mamoru Kitahara

いい技術者は、よき理解者である。

「いい技術者は、よき理解者である」それが長年システムエンジニアとして現場に携わってきた私の信念です。どんなに高度な技術力を持っていても、クライアントのことを深く理解できなかったら、本当に喜んでもらえるシステムはつくれませんよね?本質的な課題を見つけだし、その解決策を提案できる。お客様も気づかない悩みや不満を解消できる…。それがいい技術者だと思うんです。そして、それはお客様に対してだけでなく、仲間に対しても同じ。エンジニア一人ひとりには、素晴らしい個性があり、その個性を、可能性を、つぶすことなく伸ばしていきたい。それぞれの強み・弱み、どんな性格か、何を成し遂げたいのかを理解し、日々を共にする。そんな毎日の中で、エンジニアはすくすく育ち、そして、強く、個性豊かなプロジェクトチームが生まれてきます。先ほど、「私の信念」という言い方をしましたが、そんな互いの個性を認め合い、高め合う文化は、すでにもうウエルストーン全体に根付いている。ウエルストーンらしさとは、相手軸で考え、理解し、相手が喜ぶことを実行することと言えます。ぜひ、遊びに来て、感じてほしいと思いますね。うちには、いい技術者がそろっていますよ。あなたという原石をまっすぐに見つめ、磨いてくれるような人たちがね。

Back >